オルソパルス

1日10分、光を当てるだけで矯正治療期間が大幅短縮

光スピード矯正 オルソパルス

オルソパルス
アメリカFDA許可取得済み

オルソパルスはカナダのバイオラックスリサーチ社が開発し、2016年に発売された光による最先端の矯正加速装置です。アメリカの公的政府機関のFDA(アメリカ食品医薬品局)の許可も取得しています。

1日10分間お家で患者さんご自身が口の中に光を当てるだけで、ワイヤーによる歯列矯正やインビザラインなどのマウスピース矯正の治療期間が1/3~1/2と大幅に短縮されます。

(注:ただし、全ての矯正患者様に効果を保証できるものではありません)

インビザライン・マウスピース矯正ならアライナー14日交換→3~5日交換に

オルソパルス治療計画

光スピード矯正 オルソパルスを併用したインビザライン・マウスピース矯正の治療期間短縮の例

インビザラインのクリンチェックでアライナーの交換が24Stageの治療計画の患者様の場合、通常ですとインビザラインのアライナーの交換周期は2週間ですので予定される治療期間は、24×2週間=48週間です。

1. オルソパルスを併用しアライナーの交換周期:5日の場合

48週 × 5日/14日 = 17.14週

通常48週の治療期間がオルソパルスを併用することで、18週以内(約4カ月)で治療終了になる計算になります。

2. オルソパルスを併用しアライナーの交換周期:3日の場合

48週 × 3日/14日 = 10.29週

通常48週の治療期間がオルソパルスを併用することで、11週以内(3ヶ月以内)で治療終了になる計算になります。

(ただし、理論上の計算値ですので必ずしもこのように治療期間の短縮が保証されるものではありません。)

オルソパルスの特徴

1. 簡単

オルソパルスの治療方法

オルソパルスは1日に片顎5分、両顎で合計10分お家で患者様ご自身で口の中に光を当てるだけと、これだけの作業で歯を早く動かし、矯正治療期間を大幅に短縮できます。非常に簡単におこなえます。

なお、それ以上長時間光を当てても大幅に効果が上がるわけではないので、1日10分で十分です。

2. 外科手術を伴わない

オルソパルスは光を口になかに当てるだけです。コルチトミーといった歯の周りの骨を切るような外科手術を伴わず安全です。

(コルチトミーなどの外科手術を伴うスピード矯正では歯の周囲の血管や神経を傷つけ、稀に歯および歯周組織の壊死をおこすリスクが考えられます。また歯茎を切り開く場合には術後に歯茎が痩せるリスクも考えられます。)

3. 医学的に証明されている

光を当てることにより骨の代謝が活性化され、矯正治療における歯の動きを促進されることが、わかってきました。歯列矯正における歯の動きは歯の周囲の骨の代謝によるものです。光により骨を作る骨芽細胞のDNA複製が促進され骨芽細胞数が増加し、またコラーゲンの産生も増加し骨芽細胞の活動が促進されることが数々の研究で発表されています。

オルソパルスは波長850nmの近赤外線光を使用し、歯の周囲の骨の代謝を促進し、歯の動きを早めます。オルソパルスは世界で初めてFDA(アメリカ食品医薬局)で許可を取得した光を用いた歯列矯正の加速装置です。

オルソパルス開発者 Dr. アラン

オルソパルスの開発に深く関与したカナダの口腔外科医Alan博士は近赤外線光による骨の細胞の代謝促進を応用しインプラントの骨への定着を早める研究をおこなっておりました。

これを歯列矯正の世界に応用し開発されたのがオルソパルスです。Alan博士はオルソパルスを提供するバイオラックスリサーチ社の共同経営者でもあります。

ちなみに最近、アメリカ国立がん研究所(NCI)の小林久隆・主任研究員が近赤外線光が癌治療に効果があるという研究を発表するなど(近赤外光線免疫療法)、近赤外線光の医療への応用が注目されつつあります。

(参考)オルソパルスHP http://www.orthopulse.com/


H2B矯正歯科

SHINJUKU

東京ビアンコ・デンタルクリニック新宿院

新宿院 院内写真
新宿院 地図

東京ビアンコ歯科/矯正歯科

【診療時間】

月~金 11:00~13:30/15:00~20:00
土~日 11:00~16:00
休 診 祝日

東京都新宿区西新宿7-2-5
TH西新宿ビル7F

google Mapを見る

TEL 03-5937-1548

ご予約は上の電話番号をタップ

東京都新宿区西新宿7-2-5 TH西新宿ビル7F

TEL 0359371548

TOPへ戻る